はじめに

イントロダクション

第1章 所得税のしくみ
1 所得の10種類の区分
2 非課税所得と免税所得
3 所得金額の計算
4 所得税の計算
5 所得控除とは
6 担税力の減殺を考慮するための所得控除
7 社会政策上の要請による所得控除
8 個人的事情を考慮するための所得控除
9 最低生活費を保障するための所得控除

第2章 個人住民税のしくみ
1 個人住民税の税額計算
2 均等割の計算
3 所得割の計算
4 調整控除
5 個人住民税の計算例
6 個人住民税と条例

第3章 新たな配偶者控除等の概要
1 配偶者控除と配偶者特別控除
2 配偶者控除
3 配偶者特別控除
4 個人住民税における配偶者控除及び配偶者特別控除の改正

第4章 平成30年度の個人所得課税の改正
1 改正の概要
2 具体的な改正内容
3 今後の個人所得課税の見直しに向けた基本的方向性

第5章 社会保険のしくみ
1 社会保険のしくみ

第6章 世帯収入の計算と年末調整等における配偶者控除等の適用について
1 はじめに
2 世帯収入はどのように計算されるのか
3 「給与明細書」と「源泉徴収票」の見方
4 年末調整のしくみと配偶者控除等の適用
5 「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」及び「給与所得者の配偶者控除等申告書」等の書き方
6 「給与所得者の配偶者控除等申告書」の具体的な記載例

第7章 世帯収入増減シミュレーション
1 はじめに
2 ケーススタディについて

CHAPTER1 妻の年収106万円未満(夫の年収1220万円以下)
A 夫の年収が1120万円以下である場合
B 夫の年収が1120万円超1220万円以下である場合

CHAPTER2 妻の年収106万円以上130万円未満(夫の年収1220万円以下)
C 妻の年収が106万円以上115万円未満で夫の年収が1120万円以下である場合及び妻の年収が115万円以上130万円未満で夫の年収が1170万円以下である場合
D 妻の年収が106万円以上115万円未満で夫の年収が1120万円超1220万円以下である場合及び妻の年収が115万円以上130万円未満で夫の年収が1170万円超1220万円以下である場合

CHAPTER3妻の年収130万円以上201万円以下(夫の年収1220万円以下)
E 夫の年収が1220万円以下である場合

CHAPTER4 妻の年収201万円超
F 妻の年収201万円超の場合(夫の年収に制限はない)

CHAPTER5 夫の年収1220万円超
G 妻の年収が103万円以下である場合
H 妻の年収が103万円超である場合



【参考資料】 配偶者の年収増減による世帯収入増減表